<< 遊びましょう〜mixiにて | main | 宮城の震災犠牲者、95%以上が水死 県警発表〜asahi.comより転載 >>

県受け入れ被災者856人中〜8割が民間施設利用

 沖縄県は、45月の2か月間、航空運賃と滞在費を負担することにより、

東北3県から3,000人の受け入れを表明しておりますが、

なかなかこの制度の利用者が増えません。

何か良いアイディアがあったら、事務局までお寄せください。

[琉球新報 4月15日]

新報_20110414

at 23:04, 沖縄萩の会, 被災者受け入れ

comments(8), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 23:04, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
simojo, 2011/04/18 9:38 PM

先に避難した方々の生活の様子やコメント等を掲載した新聞を避難所に掲載するのはどうでしょうか?
ふるさとから遠い沖縄に一時とはいえ離れるのは、つらいっと思いますが、特に福島県の高齢者や妊婦さんや子供達には、ひとときでも休んでいただきたいのです。
青い海や空、暖かい沖縄の人のおもてなしを受けて少しでも、元気になっていただきたいのです。
一人でも多くの方々が、大好きな沖縄で過ごせますように、お待ちしています。
ただ、仕事が少ないのが、欠点ですが、余震もなく、放射能の心配もせすに、休養するのには、いいのではないのでしょか。

匿名, 2011/04/19 8:28 AM

こんにちは、初めてコメントを書込みいたします。
県受け入れ態勢について、被災された方への配慮が足りなすぎる
あまりにお役所仕事すぎるという声があがっているのをご存知でしょうか。
こちらのリンクをご覧頂きたいです。
http://bit.ly/hZCb1w
本当に救援が必要な地域には、インターネットからの書面ダウンロードなど出来るわけがありません。
ぜひご一考いただきたいです。

管理人, 2011/04/19 11:16 AM

>shimojiさん
コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、被災地の情報インフラの復旧にはかなり格差があるようで、1か月を経てようやく電気が通った避難所もあるようです。
地域の新聞社や販売店も被災したため、新聞配達や販売網も活かせず、避難所に配布される新聞の号外が有効なメディアになっているようです。
この号外に沖縄県として広告を掲載するのは、効果的だと思われます。
現在事務局では、紙媒体を被災地に送り、地元のボランティアに配布していただくことも検討中です。
ひとりでも多くの被災者に沖縄で心と体を休めていただき、東北再興の英気を養っていただきたいと思います。

管理人, 2011/04/19 11:31 AM

>匿名さん
ご紹介いただいたブログを読みました。
痛ましいですね。
沖縄県は被災3県から3,000人の被災者を受け入れると表明していますが、
実際に手続きしようと思うと次から次へと障害が出て来て
本当に困っている人、必要としている人が制度を利用できないようになっています。
私自身、今回のような激甚災害のときの行政の限界を感じています。
我々県人会のような団体に何ができるのかを考え、行政の及ばざる部分を補完すべく活動して参りたいと考えています。

さくら, 2011/05/05 10:23 PM

はじめまして。
私は5歳の子供を持つ福島県福島市在住の主婦です。
実際避難指示が出ている区域よりも放射能の値が高いのですが何故か避難指示が出ません。
人口が多いからなのでしょうか分かりませんが。
小さい子供がいる家庭や妊婦さんも心配ですぐにでも避難したくても避難区域外だからとか罹災証明がないからと断られてしまう状態です。
実際沖縄県にも電話で問い合わせましたが断られてしまいました。

将来子供達はどうなってしまうのだろうと不安ばかりが募ります。

是非、避難区域外でも放射能の数値が高い地域の人も利用できるように検討いただけたらとても助かります。

管理人, 2011/05/06 8:56 PM

さくらさんのコメントです。
表示させる方法が分からないので
管理人がコピーペーストしました。


はじめまして。
私は5歳の子供を持つ福島県福島市在住の主婦です。
実際避難指示が出ている区域よりも放射能の値が高いのですが何故か避難指示が出ません。
人口が多いからなのでしょうか分かりませんが。
小さい子供がいる家庭や妊婦さんも心配ですぐにでも避難したくても避難区域外だからとか罹災証明がないからと断られてしまう状態です。
実際沖縄県にも電話で問い合わせましたが断られてしまいました。

将来子供達はどうなってしまうのだろうと不安ばかりが募ります。

是非、避難区域外でも放射

管理人, 2011/05/06 9:00 PM

さくらさん

返信が遅れ申し訳ありません。
ご心配のこととお察し申し上げます。

沖縄県の「つなぐ光」というボランティア組織は、
福島第一原発から半径100km圏内の
妊産婦や小さいお子さんのいるご家庭を対象に支援活動を行っています。

[つなぐ光ホームページ]
http://tsunaguhikari.jp/

是非ご連絡を取ってみてください。

管理人, 2011/05/06 9:22 PM

さくらさん

返信が遅れ申し訳ありません。
ご心配のこととお察し申し上げます。

沖縄県の「つなぐ光」というボランティア組織は、
福島第一原発から半径100km圏内の
妊産婦や小さいお子さんのいるご家庭を対象に支援活動を行っています。

[つなぐ光ホームページ]
http://tsunaguhikari.jp/

是非ご連絡を取ってみてください。










trackback
url:http://haginokai.jugem.jp/trackback/82