<< NHKで対策本部が紹介されました! | main | 上原副会長のメールを転載いたします。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

千葉事務局長の石巻市〜北上町沿岸地域視察報告

[北上支所]


北上支所



 

528日、妹の車に同乗し石巻市内から北上町の

沿岸地域を視察して来ました。

沿岸地域の先に進めば進むほど、

被害の深刻さと、その復旧が殆ど進んでいない

痛々しい状況が広がっていました。

再生への道のりの長さを再認識せざるを得ませんでしたが

一日も早い復興を祈るばかりです。

 

北上中学校付近の避難所(130名が避難)を訪問するにあたって

事前に物資提供をと思い、

災害対策本部から黒糖と黒酢の提供を頂き、

それと一緒に泡盛を送っておきましたが、訪問時に間に合わず、

「石巻市北上総合支所」前支所長の阿部喜治さんに託してきました。

 阿部さんは現在、「特別養護老人ホームきたかみ」の

施設長を務めていらっしゃいますが、

施設は浸水により入所者100人が孤立したそうで、

5名の入所者が亡くなったと話しておられました。

 

 北上川河口に近い石巻市北上総合支所の庁舎は、

津波の直撃を受け全壊状態となっていました。

当時、庁舎には少なくとも57人の住民や職員らがいたとみられ、

無事が確認されたのは男性職員2人と

小学4年生の男子児童1人だけだったそうです。

庁舎は指定避難所だったにもかかわらず、

生存率はわずかに5%。多くの人が犠牲になったのです。

 

 2006年に新築された庁舎は、鉄骨木造2階で

延べ床面積は約2,400平方メートル。

宮城県沖地震で想定される津波が高さ5.5メートルだったため、

建物は1メートル高い海抜6.5メートルの場所に建設されました。

1、  2階それぞれに事務室と公民館部分があり、

津波の際は公民館部分の2階多目的研修室に

住民を避難させる計画になっていたそうです。

しかし、児童49人のうち、死亡・行方不明は7人。

いずれも支所にいた可能性があるそうです。

at 22:45, 沖縄萩の会, 被災地情報

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 22:45, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。